ガバナー挨拶

 

2021-2022年度 ライオンズクラブ国際協会 332-D地区

2021-2022年度 ライオンズクラブ国際協会 332-D地区
 
 
332-D地区ガバナー
L 荒川 友成 Tomoshige Arakawa
(所属:郡山西ライオンズクラブ) 

 
地区ガバナーテーマ
困難からの再始動そして前進
 
地区アクティビティスローガン
奉仕が育む地域と子どもの新たな未来
 
   
本来ならば米国シカゴで2021年2月開催予定でした 次年度ガバナーセミナー(FVDG/DGE)は、日本全国35地区のガバナー合同で4月末~5月末までの毎週土曜日各2時間、合計6回にわたり初めてのリモートでの研修が行われました。
また、第103回モントリオール国際大会も初めてのバーチャル大会での開催となりました。
 
今回残念だった事は、国際大会最終日に恒例行事として行われるガバナー就任宣誓式でエレクトリボンを前ガバナーに外してもらい正式にガバナー就任となる儀式が出来なかった事です。しかし皆様のご協力を基になんとか船出をする事が出来ました。
 
新型コロナウイルスは個人、社会に大きな被害をもたらし、日常生活を一変させ 経済においても深刻な打撃を受けました。
そして 今 全てにおいて 新たな世界への適応力が求められています。
当然 我々ライオンズクラブにおいても同様です。
 
ライオンズクラブにゆかりのある ヘレン・ケラーの格言があります。
『ひとつの幸せのドアが閉じる時、もうひとつのドアが開く。
 しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ 開いたドアに気づかない』
 
この厳しいコロナ過をきっかけとし 我々ライオンズクラブも新しい未来に向かって
確実に前進しなければなりません。
全ての分野において変革を恐れず、チャレンジ精神を掲げながら全てのライオンズクラブメンバーが『奉仕』を実行しましょう。
 
今後1年間にわたり、皆様方のご理解とご協力をお願いしながらキャビネット役員一同と
共に総力を傾注したいと思います。宜しくお願い申し上げます。
 
332-D地区ガバナーテーマ       『困難からの再始動そして前進』
332-D地区アクティビィティスローガン 『奉仕が育む地域と子どもの新たな未来』
<<ライオンズクラブ国際協会332-D地区>> 〒963-0102 福島県郡山市安積町笹川彼岸塚22-9 TEL:024-937-0830 FAX:024-937-0831