本文へ移動

6R クラブアクティビティ

第6R アクティビティ

いわき泉LC・新地LC 友好クラブ締結式

2024年  3月19日(火)

いわき泉LC例会場(サードプレイス泉)にて、いわき泉LCと新地LCが友好クラブの締結式が行われました。締結式に出席されたのは新地LCからは会長L伊藤、キャビネット事務局兼事務局次長L吉見の2名が出席。いわき泉LCは13名が出席しました。今後は友好関係を深めながらアクティビティの活動をして行くことを約束しました。

いわきライオンズクラブ

「台風13号による記録的大雨」に見舞われた小学校に寄付金贈呈

2023年10月  5日(木)

台風13号による記録的大雨で校舎などが浸水被害に見舞われた、いわき市立宮小学校に寄付金5万円を贈呈しました。贈呈式は間借りしている内郷二中で行われ、いわきLC会長 鈴木から「1日も早い学校再開を願っています。」と述べ、遠藤校長からは「大変ありがたいです。有効に活用させていたざきます。」とお礼の言葉をいただきました。宮小学校は、LC国際協会332-D地区主催の「国際平和ポスターコンクール」に長年にわたり、作品を応募していただいております

「いわき献血・夏の陣」キャンペーン

2023年  7月14日(金)

7月23日(日)の「いわき市民献血の日」に合わせ、市民に広く呼び掛けるために、いわき駅前にて街頭献血キャンペーンが行われました。今年もいわき保健所が主体となり、いわきライオンズクラブからも6名が参加しました。輸血の需要が多くなる、夏と冬に年2回行われていて、当クラブの活動の1つになっています。

ウクライナ留学生支援

2023年  6月30日(金)

東日本国際大学(中山哲志学長)が受け入れている留学生5人に生活支援金として、会員31人が寄せた浄財を同大学に寄付しました。留学生のソフィア・ビジャズさん(19)は、「平和に暮らせるように助けていただき、心から感謝している」と流ちょうな日本語で感謝の気持ちを伝えていました。また、留学生のディミット・ポーリエさん(20)が7月から隣国のポーランドで働くことが発表され、小野会長が激励しました。

いわき勿来ライオンズクラブ

第34回いわき勿来LC旗争奪中学生野球大会

2023年10月14日(土)・11月26日(日)

雨天で1か月以上延期になった準決勝・決勝戦が11月26日(日)小名浜第二中学校のグラウンドで開催されました。10月14日の予選を勝ち抜いた4チームが、真冬並みの寒さで時折小雨の降る中、優勝旗をかけて戦いました。昨今の少子化によりチーム編成が困難で、連合チームの数も年々増えており、今後の課題も多くなってきましたが、長年継続してきた伝統のアクティビティを末永く続けていきたいと思います。

結成50周年記念式典

2023年10月  7日(土)

結成50周年記念式典を「八幡台やまたまや」に於いて挙行いたしました。地区ガバナーL門馬弘をはじめ、地区役員、外部来賓の方々、姉妹クラブ・ブラザークラブの会員合わせて約100名の方々が集い、半世紀の節目を盛大に祝うことが出来ました。記念事業として、当クラブがあります地元勿来地区のいわき市立保育所・幼稚園の6か所に保育遊具一式を贈呈し、いわき市長内田広之様より感謝状を賜りました。

ヘアドネーション

2023年  7月  6日(木)

当LC所属のL蛭田といわき市錦町在住の武藤さんが、「困っている人の役に立てれば」との思いから長年伸ばした髪を、それぞれいわき市佐糠町の美容室AVANCEと植田町の美容室MOBにてカットし、当LCに寄託しました。会長L滝澤から、ご協力いただいた2名のドナー様へ感謝状を贈呈いたしました。

いわき中央ライオンズクラブ

いわき泉ライオンズクラブ

ヘアドネーション

2023年11月26日(日)

いわき市の高校三年生の小泉さんが小名浜のマルミツ美容室さんで11月はじめに31センチをカットされ、今回で2回目のヘアドネーションにご協力いただきました。前回は高校1年生の時にもご協力いただき、その時もいわき泉ライオンズクラブが担当しました。L佐藤正三会長、L大友康夫幹事が訪問し、お母様に同席いただき、佐藤会長より小泉さんに感謝状を贈呈しました。

いわき東ライオンズクラブ

結成20周年記念式典・祝宴

2024年2月18日(日)

2024年2月18日(日)、いわき東LCの20周年記念式典がいわき市のパレスいわやにおいて、来賓のいわき市長代理いわき市建設部長永井吉明様ら、姉妹クラブ332-E地区天童王将LC、地区内各LCの約160名の多数の方にご出席頂き、盛大に開催されました。

街頭献血協力

2023年  8月11日(金)

イオンいわき店で実施された街頭献血に協力しました。会員のべ10名、オブザーバー6名が献血の呼びかけを行い、クラブより献血者にお菓子を配りました。お盆前の休日の実施であり献血者が少ないことを予想していましたが、当クラブ会員、従業員10数名を含む60名弱の多数の方に献血にご協力いただきました。血液センターの担当の方から「ライオンズクラブさんに協力してもらうと献血者が増えるので、次回も協力をお願いします。」と感謝の言葉をいただきました。

小名浜花火大会へ出店

2023年  8月  5日(土) 

小名浜花火大会に出店しました。コロナ禍の影響等により5年ぶりの出店となりました。
会員のべ約20名、オブザーバーのべ約20名が参加しました。朝からの設営、販売、片付けと1日がかりのアクティビティでした。
 行動制限解除後の初の花火大会ということもあり、花火会場には多くの見物客が訪れ、5時頃の販売のピークにはてんてこ舞いでしたが、打上げ時には少し手を止めて花火を楽しみました。当日の収益は、他のアクティビティの事業費に使用する予定です。

ヘアドネーション

2023年  8月  8日(火)

ヘアドネーションにご協力いただきました。
小学校3年生の時にもご協力いただいており、今回が2回目です。テレビで小児がんの子どもについて知り、自ら協力を申して出くれたそうです。当クラブ会長L佐藤寿子より門馬ガバナーの感謝状を手渡しました。

ビーチバレーよつくら大会

2023年  7月 23日(日)

いわき市の四倉海岸で開催されたビーチバレーよつくら大会に参加しました。
 開会時と閉会後に海岸の清掃活動を行いました。また、大会実行委員会に屋外スピーカーを寄贈しました。
クラブのテントでは、大会の参加者や海水浴客に飲料を販売しました。
ビーチバレーには、当クラブから2チーム参加しましたが、両チームとも1回戦で敗退しました。なお、敗者同士で行われる試合ではなんとか1勝をあげることができました。

東日本国際大学ライオンズクラブ

いわき駅~大学周辺の清掃活動

2024年  4月20日(土)

新年度になり毎月恒例の清掃活動を4月20日(土)に実施いたしました。ライオンズクラブ学生会員3名が中心となり、全体で10名の学生が集まり清掃活動を実施いたしました。最初に大学周辺の清掃活動から始まり、近くの河川敷といわき駅までの通学路、いわき駅周辺と約2時間30分の活動となりました。5月以降も継続し、周辺の清掃活動を実施してまいります。

いわき駅・大学周辺の清掃活動

2024年  1月 18日(木)

2024年最初の奉仕活動を1月18日(木)10時30分から12時30分までいわき駅周辺と大学周辺で清掃活動を実施いたしました。会員6名(職員3名・学生3名)会員以外7名(職員2名・学生5名)合計13名でゴミ拾いを行い、2時間でゴミ袋8袋分のゴミ拾いをいたしました。月一度実施しているゴミ拾いですが、今後も計画的に活動を続け、ライオンズクラブが中心となり学生・職員へ呼びかけをし活動を継続していきたいと思います。

大学内献血

2023年12月  8日(金)

東日本国際大学・いわき短期大学で学内献血を実施いたしました。会員2名と職員1名で呼びかけを行い、20名の学生に献血のご協力をいただけました。昨年に続き学内献血を実施いたしましたが、次年度も計画的に街頭献血の呼びかけや学内献血を実施してまいります。

サスティナブル推進協議会2023年次大会で発表

2023年11月18日(土)

千葉大学墨田キャンパスで開催された一般社団法人サステイナブルキャンパス推進協議会2023年次大会へ会員3名が参加しました。今年の年次大会は「地域にとけこんだキャンパスづくり~大学・学生・地域~」をテーマに開催され、事例発表の学生活動部門では学生会員2名が「つながりのある地域×ゴミ拾い」と題する発表を行い、この活動を地域のさまざまな方々と共同で活動を実施していること、ごみのないまちづくりについて市役所の方々も交えて意見交換会を行ったこと、楽しさややりがいを感じられるごみ拾い活動の大切さなどについて発表しました。 発表後は参加者から今後もぜひこの活動を継続してほしい、活動内容や活動方法を共有したいなどの意見が出されました。

いわき駅前での献血啓発活動

2023年11月27日(月)

いわき駅南口駅前広場にて、本クラブ会員2名と学生4名、職員2名、計8名で市民献血の日(12月10日(日))の周知と献血の呼びかけを行いました。本クラブ以外にも、献血市民運動推進協議会事務局が中心となり、332-D地区第6R・第1Z所属クラブも参加し、ライオンズクラブ一体となり、献血の周知・呼びかけを行いました。

大学周辺の清掃活動

2023年10月26日(木)

毎月実施している市内清掃活動を行いました。今回も授業の合間での奉仕活動の為、前回と同様に大学周辺の平鎌田地区の清掃活動を実施いたしました。10月21日(土)、22日(日)は本学の学園祭を実施した為、大学周辺の駐車場や人通りが多かった歩道などを中心にライオンズ会員と一般学生併せて8名で活動をしました。引き続き、定期的な奉仕活動を計画し、ゴミ拾い活動を継続していきます。

台風13号における災害復旧活動

2023年  9月 計12日間 9時~15時

台風13号被災における復旧活動を行いました。ライオンズクラブ会員が中心となり、学内のボランティアセンターと協力をし、12日間で延べ357人の大学生・教職員(LC会員含む)で作業を行いました。10日(日)出動の準備をし、11日(月)から合計12日間活動をし、活動場所はいわき市内郷地区・湯本地区の小学校、中学校、福祉施設、民家で活動を行い、作業は9時から15時の間で家具や畳、土のうなどを運び、住宅内の泥をかき出すなどの作業を行いました。

大学周辺の清掃活動

2023年  9月14日(木)

東日本国際大学ライオンズクラブでは大学がある、いわき市平鎌田地区の清掃活動を実施しました。学生・職員会員併せて5名の会員が集まり、大学周辺の道路や河川敷、駐車場などで清掃活動を実施しました。台風の影響もあり、河川敷にはゴミが多くありましたが、夏休みの最後に清掃活動を実施することが出来ました。引き続き定期的な奉仕活動を計画し、ゴミ拾い活動を継続していきます。

いわき市議会市民生活常任委員会による意見交換会

2023年  7月  8日(土)

東日本国際大学ライオンズクラブ学生会員3名と一般学生3名合計6名の学生がいわき市議会市民生活常任委員会へ参加してきました。委員会では意見交換会を市内の他団体も交えて、「ごみの無いまちづくりについて」をテーマに意見交換会をブレインストーミング方式で実施し、参加者と貴重な意見交換をすることができました。今回参加の学生会員は月1度のごみ拾い活動を継続的に取り組んでいる為このような機会をいただきました。今回の意見交換を参考に、地元いわき市への奉仕活動を継続していきたいと思います。

古着の贈呈

2023年  7月  1日(土)

いわき市で衣類のリサイクル事業に取り組んでいる特定非営利活動法人ザ・ピープル様に古着の贈呈をしました。本クラブとザ・ピープル様は連携した奉仕活動を取り組んでいますが、連携を知った地域の方からの依頼もあり今回贈呈をいたしました。ザ・ピープル様は地域の中で古着がゴミとして簡単に焼却処分されない社会づくりという思いで1990年からいわき市内で活動を継続しております。本クラブでも連携して奉仕活動ができるように継続した活動を行っていきます。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト

2023年  7月  1日(土)

東日本国際大学ライオンズクラブの他、3年河合ゼミ、地域貢献リーダーなど計20名が参加しました。午前中は、いわき市下平窪にある「ブラウンコットン畑」での作業、午後は同市四倉にある「天空の里山」へ移動して、間引きや雑草取りの作業を行いました。「天空の里山」では、途中から大雨となったため、「天空の家」の中で、プロジェクトの内容についての学びや今後の取り組みに関するワークショップを行いました。

原町ライオンズクラブ

相馬ライオンズクラブ

中村城跡の清掃奉仕活動

2024年 6月 1日(土)

一千年の歴史を誇り、国の有形民俗文化財に指定されている「相馬野馬追祭」が今年は5月25,26,27日に開催されました。中村城は奥州中村・相馬家六万石の居城であり、総大将率いる宇多郷騎馬隊の出陣式が行われます。城内には国指定の「相馬中村妙見神社」、本丸跡には「相馬神社」が鎮守されており、初詣には多くの市民が参拝いたします。相馬野馬追祭が終了したことから市民の憩いの場である城跡を、会員5名が城内のゴミ・空缶などを収集清掃いたしました。清掃後には神社に参拝し、相馬LCの発展を祈りました。

「小平奈緒スポーツ講演会」~知るを愉しむ~へ協賛

2023年12月23日(土)

相馬ライオンズクラブでは青少年健全育成の奉仕活動の一環として、「小平奈緒スポーツ講演会」に協賛として参加しました。(主催 相馬市スポーツ協会)市内の中学生・高校生をはじめ各関係者が約300名ほど、相馬市はまなす館にて2018平昌オリンピックスピードスケート女子500m金メダリスト小平奈緒の演題「知るを愉しむ」を聴衆しました。貴重な講演を真剣に時には楽しみながら勉強しました。今後とも奉仕活動としてこのような機会を設けたいと検討しております。

国際平和ポスターコンテスト第6R第2ZC賞表彰

2024年1月11日(木)

国際平和ポスターコンテストに募集し、この度第6リジョン第2ゾーンチェアパーソン賞を受賞した、相馬市の青田さん(中学校1年)への表彰状・記念品贈呈を、同校で行いました。青田さんはさまざまな国の国旗や人物を描き、平和な未来への願いを表現しました。当クラブでは今後とも教育委員会をはじめ市内の各学校に国際平和ポスターコンテストをPRし、積極的な募集を募っていきたいと思っております。贈呈式には向陽中学校の反畑校長先生が同席いたしました。

第21回 相馬ライオンズクラブ杯ミニサッカー大会

2023年10日22日(日)

相馬ライオンズクラブ杯ミニサッカー大会がコロナ禍の影響もあり4年ぶりに相馬光陽サッカー場で開催されました。今回で21回目の開催で歴史を積み重ねております。相馬市内の小学校から約80名の参加があり各チームに分かれてサッカーを楽しみまた真剣にプレーしておりました。以前は参加者が数百人と多かったのですが児童数の減少もあり、毎年参加者の減少が目立ってきております。今後の課題でもあります。毎回ミニサッカー大会においてご協力いただいております「相馬サッカー協会」の皆様に感謝申し上げます。

ヘアドネーション感謝状贈呈

2023年  9日29日(金)

この度「ヘアドネーション」の応募が7件あり、相馬市内の美容院サロンド「髪細工」さんに7名分の感謝状と記念品を贈呈いたしました。FWT事業の中でヘアドネーションに関しては特に力を入れて活動しておりますが、ここ数か月で7件もの応募申請があり、応募された方々に感謝しているところです。他の美容院にもヘアドネーションの事業に関してPRを重ねていこうと思っております。

飯舘ライオンズクラブ

いいたてホームへ シクラメン等贈呈

2023年12月25日(月)

特別養護老人ホーム「いいたてホーム」へ例年通り、年末の贈り物を届けました、昨年までは新型コロナの関係で空気清浄器・衛生用品などを贈呈していましたが、明るい雰囲気で新年を迎えて頂こうとシクラメン14鉢・アンスリューム1鉢を第1副会長L菅野(典)・第2副会長L渡邊・幹事L小泉・会計L鹿山・事業委員長L菅野で訪問、贈呈致しました。この施設は全村避難でしたが利用者100名は特例により避難せずに、職員が避難先より通い介護に当たった施設です。

新地ライオンズクラブ

町内保育所へ教材を寄贈

2024年  3月21日(木)

新地町立福田保育所へ教材を寄贈するにあたり、新地町役場に於いて贈呈式を行いました。会長L伊藤修久、幹事L本田和也が町長へ目録を贈呈。その後、福田保育所へ行き園児達と共に写真撮影を行いました。今回は柔らかい素材でおうち遊びができるパネルセットと絵本を寄贈させて頂きました。この事業は毎年12月の例会でチャリティーオークションを開催し、その収益を町内の保育所へ寄贈しております。

国際平和ポスター・コンテスト記念品贈呈

2023年12月20日(水)

新地町立新地小学校6年生の教室において、国際平和ポスターコンテストに参加して頂いた児童へ記念品を贈呈しました。新地小からは31点の公募があり、クラブ会長賞5名、記念品を全員に贈呈し荒校長先生にも立ち会って頂きました。

国際平和ポスター・コンテスト最優秀賞受賞者へ賞状贈呈

2023年12月20日(水)

最優秀賞地区ガバナー賞を受賞された角田さんへ賞状を贈呈しました。

国際平和ポスター・コンテスト記念品贈呈

2023年12月20日(水)

新地町立尚英中学校校長室において、国際平和ポスターコンテストに参加して頂いた生徒へ記念品を贈呈しました。尚英中からは2点の応募があり、複合地区の賞状と記念品・クラブからの記念品を贈呈し安良校長先生にも立ち会って頂きました。

TOPへ戻る